売ってみまスタ

 新手法での第一発目は住友商事(8053)を寄付で売り建てました。 売りの根拠は移動平均線が上から60日、20日、5日の順で逆PPPの並び、且つ3本とも傾きが下向きであるというのが大前提です。 次に5日線と20日線がもの別れ、さらに20日線と60日線ももの別れとなっています。 3つ目の根拠は3本の移動平均線が重なり合った後に下方向に広がりつつあるという点です。 上記3点がこの銘柄を売り建てた根拠になります。 売り建てるタイミングとしては3日ほど遅いかなと思うのですが、フライングするよりは少し遅いくらいの方が全然マシだと思います。 あっ、上で書いたPPP(パンパカパン)とか「もの別れ」の意味は相場師朗氏の著書に書いてあり、ここではいちいち説明しませんので悪しからず。 言わずもがなですがこの銘柄を売った根拠にファンダメンタルズは1ミリもありません、チャート100%です。 
 さて全体相場の方は前日比では下げていますが上昇トレンドに何ら変わりはなく、5日線と20日線がクレヨンですので日経平均のETFならどこで買っても今なら儲かりそうです。 あくまで儲かりそうであってここから買って儲かるとは限りませんが、仮に日経平均のETF以外トレードできないとしたら、もうこれは買うしかないですね、間違っても売りはあり得ませんから。 まぁトレードしないで休むという手はありますけどね。 それと売りはあり得ないと言いましたが、綿密な資金管理の下での分割売買なら「有り」になるんでしょうね。 まぁとにかく今は全体が上げているので、個別株でも売りより買いの方が獲り易いことだけは確かです。 それなら敢えて売りで入らなくてもと言われそうですがそこはホレ、アレですよ、根がへんこですから。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック