相場状況の確認

 現在の相場はどうなっているのかという点で思いつくところを書き出してみる。 
 まず5日線と20日線はずっと上向きであり、短中期トレンドは上昇を続けている。 3本の移動平均線(5日、20日、60日)は下から順に60日、20日、5日となっており強い状態である。 60日線についてはずっと下向きであるが、このまま上昇が続けば来週の後半から横ばいになりやがて上向いてくる。 日経は年初来の高値を更新し、100日線も超えてきたが、TOPIXは高値を更新できておらず、100日線上に留まっている。 明確な(上昇)トレンド転換となるには12月の戻り高値を上抜いてくる必要があるが、日経もTOPIXもそこまでにはかなり値幅があり、3月中相場が上げ続けないと上抜くのは難しいと思われる。  上げ日柄は2ヶ月を超えてきており、調整なしにこのまま上げ続けるとは考えにくい。 NYダウは5日線が横ばいになっているがNASDAQは依然上向きのままである。 以上の観点からこれからの相場を予想するとなると、いずれいつかは下降に転じ調整する場面が訪れることになると思われるが、それがいつかなど分からないという、意味のない予想にしかならないのである。 つまり予想などしてもあまり意味はないということになり、日々の値動きを追って行きその値動きに準じたトレードをするしかないという結論にしかならない。 予想はするなという相場の戒めがあるが、上記のごとく予想をしたところであまり意味はないということが分かれば、自然と予想などしなくなると思うのだが・・・。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック