今はセオリーが通用しない相場

 今週の戦略で今週からは損切りは基本的にしないとしていたが、染みついた習性で我慢できずに損切りをしてしまったのと、決算跨ぎも厭わないとしていたのだが、決算前に手仕舞いしてしまうことがあった。 つまり今週は通常のセオリーを無視する形でトレードをするつもりでいたのだが、どうしてもいつものトレードになりがちであった。 セオリー通りにトレードしたんだからいいじゃないかと思われるかもしれないが、今はそれではダメなのである。 確かにセオリー通りにやっていれば無難であることは間違いないのだが、利益の最大化を狙うなら今はセオリーを無視するぐらいでないと利益は思うように増えない相場なのである。 断っておくが私が言っているのはあくまで売り目線での場合の話である。 現に通常は損切りした後もそのまま逆行を続けるのだが、今週損切りした後はその後持っていたポジション方向に反転しているのである。 そして決算跨ぎをしても結果的に何ら問題は起こっていない。 私の保有している銘柄が偶々そうだっただけだろと思われるかもしれないがそうではなく、他の銘柄を見ても確かに好決算だと翌日は高いものの次の日にはもう下げに転じているものが多いように見受けられる。 つまり今は売り方にとってはセオリーなんかくそくらえ相場だと言えよう。 ということで私にとって来週こそはセオリー無視のトレードに徹することが求められていることを肝に銘じて相場に臨みたいと思っている。 世間の多くは損切りしようと思っていても損切りができなくて悩んでいるらしいが、私は損切りしないでおこうと思っていても損切りしてしまうので悩んでいる。 悩みは人それぞれですな。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック