今週の戦略

 始めに今現在の相場の環境認識を日経平均で確認しておきます。 まず昨年まで続いていた長期の上昇トレンドは3月26日の押し安値を12月20日に下抜けたことで否定されてしまっている。 次に10月2日の最高値から12月26日の最安値まで高値、安値ともに切り下がる中期の下降トレンドが成立している。 この中期の下降トレンドを否定させるには12月3日の高値を上抜く必要があり、それにはここからあと1500円以上上げることになるが、現実的かというとそうではないから、今の時点では下降トレンドが継続すると見る方が現実的(可能性が高い)である。 では今は下降トレンドのどの位置にあるのかをここからエリオット波動で説明して行こうと思う。 エリオット波動の基本は推進5波、調整3波であるが、推進波の5波は1,3,5波の推進波と2,4波である調整波で構成されることから現在のチャートを見るに、10月2日から10月26日までが1波で、12月3日までが2波、そして12月26日までが3波となり、今は調整波である4波を形成しているところであり、この後はどこかで折り返し最後の推進波である5波を形成すると私は見ているのである。 だから私は昨年10月以降ずっと売り戦略なのである。 現実的ではないが12月3日の高値を抜いて上昇トレンドに回帰するケースの場合だとエリオット波動ではこうなるというのを一応説明しておくと、10月2日から12月26日までが調整3波となり、10月2日から10月26日までがa波で、12月3日までがb波、そして12月26日までがc波となり、今は推進波となる第1波を形成していることになる。 その場合この後どこかで折り返して下げに転じたらそれは調整波である第2波を形成し始めたことになるが、その場合12月26日の安値を割り込むことはないのは言うまでもない。
 ということで今週の具体的な戦略に移るが前置きが長くなってしまったのと、昨日の記事で概略は書いたので簡潔、手短に行きます。 前にも言ったが今週のどこかでは戻りを終えて下降に転じる動きが出ると思っているので、明日から連日何がしかの建玉をして行くつもりである。 仕掛ける銘柄は場の状況と個別株の波動によって選定することになる。 ポジションが詰まって来たら値動きの芳しくないものを手仕舞いすることでポジションを空けて行くことになるが、ここからは基本的に損切りはしない方針である。 あくまでも「基本的に」であって絶対にしないということではない。 それから今週から決算が本格化するが普通なら決算跨ぎはしないのがセオリーであるが、今回は銘柄次第で跨ぎもあり得るということである。 以上が今週の方針になります。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック