今週の戦略

 昨日の記事で今週の戦略の概要を書いた形になっているが、改めて書いてみたいと思う。 先週の記事の中でも書いたが、現在の戻りの日柄がもう少し延びる可能性が出てきていることで、今週までは戻り相場が続くという前提で戦略を立ててみたい。 日本は戻りが弱く、私が戻りの目途とした20800円弱までは戻す余地はあると思っているものの、NYダウの方は私が戻りの目途とした24000ドルに達したこともあり、いつ反転下落に向かってもおかしくはない。 NYがもし反転下降に向かうなら日本の相場も当然のごとく反転下降に向かうことになるから、20800円弱の水準まで戻さない可能性は当然あることになる。 つまりどこまで戻るかは分からないが、いつ反転してもおかしくない状況にあるということから、今週は売りを建て増していくという戦略を採ることにする。 現在の売りポジション量は半分強なのでこれを今週の終わりには4分の3程度まで高めておき、反転下降が現実化した時点で残りの4分の1を建ててフルポジションにするという戦略イメージである。 今週は4営業日しかないので毎日売り建てるぐらいのつもりでないと予定しているポジション量にはならないだろうと思う。 それから現在の建玉の中で芳しくない値動きのものは手仕舞いして新規の銘柄に乗り換えることも有りである。 ということで以上が今週の戦略になります。
 兎にも角にも今年は売り、売り、売りの売り一色であり、売ってさえいればいい相場である。 間違っても売りからの戻りを買いで取ろうなんて考えてはいけない。 確かにいくら弱気相場でも一直線な下げになることはないので必ず戻り相場があるわけだが、その戻りを買いで取るというのは極めて難しいし効率が悪い。 2~3回ならうまく行っても必ずどこかでそれ以上やられる。 下げ相場の戻りを毎回買いで取るなんてプロでもなかなかできるものではないだろう。 凡人は戻したところを売ることだけ考えていればそれでいいのだ。 そうすりゃ余程下手な仕掛けをしない限りは損切りなんてする必要はまずないはずである。 今の相場で買いを建てるというのは中長期のトレンドに逆らったトレードをしていることになり、あり得ないトレードをしていることになると思うのだがなぜ買うのだろう? 私が思うに環境認識ができていないか、短期の戻りを上手いこと取ってやろうというスケベ心が働いているのだろうと思っている。 まぁ私も以前は環境認識も出来ていないのにスケベ心だけは人1倍あったからえらそうなことは言えんけどね。 でも今ならこれがクリアーできないと絶対に勝てないというのが分かるので言っている。 ということで今週も頑張りましょう。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック