今週の戦略

 週末のNYダウが大幅に上昇して日経先物とCFDは20100円処まで上昇している。 これはNYも東京も一日だけ大きく下振れしただけで元の戻り基調に戻ったと考えれば別に特別な値動きをしたということではない。 前から言っているように今は上にも下にも値幅が出るボラの大きな相場が展開されているのだから、今後もこのような動きは何度もあると思って置かないといけない。 それで今週の全体相場の動きとしては戻りの展開となることが予想される。 このことを踏まえて今週の戦略を考えるのだが、この戻りを買いで取るという様な考えは私にはまったくなく、戻したところを売りたたくだけのことである。 その売り方としては戻りの目途としているところまでは動かずに静観する、つまり週の前半から売り上がるというやり方はしないで、目途に到達したところで打診売りをしてそれ以降も戻すようならそこからは売り上がるという戦略で考えている。 以上は全体相場とした場合の粗方の戦略であるから、個別株はその銘柄の値動きを加味した戦略になるのは当然である。 日柄及び株価的に見て今週のどこかでは戻り一杯となることを想定しているが、今週を終えても上げ止まらず且つ21000円を超えてくるようならシナリオの変更を考えないといけなくなってくる。 だがその可能性は極めて低いと考えていて、戻してもせいぜい20800円台だと予想している。
 週末にNYが大きく戻したのはパウエル議長の講演によるものであり、利上げ姿勢に変化が出てきたことを受けてのものであるが、私はこれで株価の下落が止まるとは全く考えていない。 その理由を書きだしたら長くなってしまい当ブログのコンセプトに反するので要約した形で端的に書いてみたい。 今現在の段階で考えられる最大のハト派的な政策としては今後の利上げはしないということになるかと思うが、FRBがこの政策を採るには景気が「頭打ちした」と認められる必要がある。 「頭打ちしそうだ」ではFRBは利上げはストップしないだろう、いやできないだろう、今まで過去ずっとそうだったから。 FRBが政策を変更する場合は何らかの根拠がないと変更なんてしない。 その根拠となるものといえば経済指標しかないわけで、その経済指標の数字は既に過ぎ去った過去の数字である。(仮に1ヶ月と言えども) その過去の数字でもってFRBが判断を下すころにはさらに時は経過している。 つまり常に数字の後追いで政策決定をせざるを得ないということになっているのである。 景気循環というものは一旦その方向へ動き始めるとその動きを阻止することはなかなかできることではなく、政策が後追いするのが常である。 即ち私がなにを言いたいのかと言えば、金融緩和政策への変更をしてもそれは現状(景気)から遅れたものでしかなく、それ(政策)によって改善されるということは期待できませんよ、行きつくところまで行かないことには、ということである。 過去2000年以降のNYダウとFF金利の推移を見て確認してもらえば私の言っていることがいい加減なことではないというのが分かってもらえると思うのだが・・・。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック