大発会の戦略

 いよいよ明日から今年の相場の幕が上がる。 今週は明日の大発会のみなので戦略と言っても1日だけのことになる。 ベスト戦略は明日何もしない事だろうと思っているが、それではつまらないので何かないかと考えている。 日本が休みの間の海外市場の動向も併せて考えてみるに、私が思っていたほど戻りが強くないようである。 NYはそれなりに戻してはいるが良く戻っても今週で終わることになると思う。 ならばそれを見越して明日の大発会は打診売り的な感じのトレードをするのがいいのかなと思っている。 ということで明日は年末年始にマイニングをした銘柄の中から珠玉の1銘柄に売りを建ててみようかと思っているのだが、今の状況だと明日の寄付はかなり安いところで値がつく可能性が高いのでちょっとためらう気持ちもある。 しかしまぁ仮に安い処での約定となっても後日高いところがあるようなら売り増しすればいいだけのことなので特に問題はない。 今の局面は銘柄選定を間違わない限りは、売り上がれば最終的に利食い出来る局面であると考えている。 だからこそ今年から分割売買にトレードスタイルを変更したのである。 ということで明日の大発会はこの銘柄に寄り成りの注文を入れることにする。 それとこれは手法もくそもないのだが、スルガ銀にも寄り成りで売りをかます、これはいわば大発会のご祝儀売りである。 これは年末年始の海外市場がどのような相場になろうとも実行すると前から決めていたことだからやるまでのこと、どんな値で約定しても99%利食いになるのだから構わない。 今年の相場はアホになって売ったもん勝ちの相場になるのは間違いない処だと思っている。 注意すべきは戻りも大きいということであるが、そこさえ対処を間違わなければ売り方天国の1年間となるはずである。 それでは明日から頑張りましょう。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック