トレード納め

 今日は昨日の宣言通り損切り手仕舞いをもって今年1年のトレードを締めくくりました。 手仕舞ったのは関西ペイントで2070円で売っていたのを今日の寄り値の2125円で決済しました。 今年の1月の最初のトレードも損切りで最後のトレードも損切り、まさに「トレードは損切りに始まって損切りに終わる」という相場格言?を地で行ったような1年で、なんか年中損切りばかりしていたような感じがしていますが、資金は減っていないのでまぁ取り敢えず良しとしておきます。 ですが来年も同じ様な調子ではもう許されないですね、資金が減らなければいいなんて趣味を楽しんでいるようなレベルのことを言っている場合ではありません。 来年1年間は売って売って売りまくってどこまで増やせるかですね。 いつもの年末であれば来年がどんな相場になりそうか思いを巡らせるのですが、今年の年末はそんな必要は全くなく、これ以上分かり易い相場はない年に来年はなると思っています。 が、いつも言うように相場の見通しがいくら当たったところでトレード技術が未熟であれば資金は増えません。 そしてトレード技術を左右するのはメンタルによるところが大きいのでその方面に力を入れたいと思っています。 私の場合最大の課題は欲のコントロールをいかにして行うかという明確なものがあるので、来年はそこへ焦点を当てるようにして相場に取り組んでいきます。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック