今週の戦略

 連休明けに日経が20000円を割り込むのはほぼ間違いない処であるが、そこから切り返す動きが出るのか出ないのかを見極めてから動いた方が良いような気がするので火曜日は様子見でいいんじゃないかと思っている。 只、今の市場のセンチメントから切り返すのは可能性として低いように思うがどうだろう。 仮に切り返さずにこのままずるずると下げるようならある程度相場に着いて行って、大納会までに一部を手仕舞いするという戦略を採るのがいいのではないかと思っている。 一部を手仕舞いしたところである程度の玉は残るから、仮に年明けGDで始まったとしても利益は享受できる。 20000円を割り込んだ後直ぐに切り返して20000円を回復するようなら、個別のうちそれほど弱くないものは一旦手仕舞いしておいた方がいいように思う。 以上のことからどっちにしても今週は新規の売りはないのと、大納会までに一部は手仕舞いしておくという戦略になる。 全体相場が切り返しを見せて20000円を回復した場合、弱くない銘柄は一旦手仕舞いするとしたが、絶対にそうしなければならないというほどのものではなく、しなかったとしても含み益が減るだけのことで、損切りになるほど戻すことはないだろうから放置していても酷いことにはならないはずである。 でもそうだとしても含み益が減るのはストレスになるのでできれば避けるに越したことはないだろう。 ということで今年最後の週を上記の戦略で乗り切って新年を迎えたいと思っている。
 今後の全体相場の動向については今の段階では具体的なイメージは浮かんでいないが、明らかなのは弱気相場が今後も続くということである。 つまり戻っても売られる展開がしばらく続くと思っておいて間違いはないだろう。 まぁどこかでは下げ止まることになるのだろうが、今の段階でどの株価までとかいつまでとかいうのは予想できない。 念のために言っておくが、下げ止まると言ってもそこから上昇相場に入るということではなく、あくまで戻り相場であり、戻った後はまた売られるのである。 今の下降局面は1万何千円かで下げ止まるとしても、既に大天井を打った相場の終着点が10000円を割らずに終えることはないのである。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック