今週の戦略

 全体相場は想定通りの戻りを演じており、基本的には今週も引き続きこの流れが継続すると見ている。 それでどこまで戻すのかということになるが、私は日経平均で22700円、TOPIXで1700ポイントを戻りの目途に置いている。 全体相場で言えばこのような展開を予想するがトレードするのは個別株であり、日経平均やTOPIXの動きに合わせてトレードするわけではないから、参考程度に見ておけば十分だろうと思う。 ということで今週の戦略だが、今の時点で売りタイミングに来ているものはほとんどなく、今週のどこかで売りポイントが到来しそうな銘柄をマイニングした中からタイミングを計って行くことになる。 今週以降エントリーする分についてはとことん勝率に拘ってみて、果たしてどれくらいの勝率を達成できるのか検証してみようと思っている。 よく世間では勝率ではないとか、勝率3割でもトータルでは勝てるとか言われている。 確かに間違いではないのだが、仮に勝率が5割以下でトータルで勝っていたとしてもそれは負けていないというだけであって、とても勝ち組トレーダーとは言えない収支に収まっているのではないだろうかと推測する。 勝ち組トレーダー、その多くは専業トレーダーということになるだろうが、その場合の勝率は7割程度を維持しているものと推測する。 理屈では勝率とリスクリワード比によって収支は決定づけられるので、勝率が低くてもリスクリワード比が高ければ良いことになるが、現実問題としてそんなにリスクリワード比を高くすることはできないのである。 通常は1:2というのが妥当なところだと思うが、これを1:3以上にすることは不可能であると考えている。 いや、稀にそういう局面に出くわすこともないことはないが、平均してそのような数値を求めるのは不可能である。 仮にそのような数値を追い求めればノイズに引っ掛かってロスカットの山を築くことになってしまうだろうと思うのだ。 なのでリスクリワード比を1:2とするなら勝率は少なくとも6割以上ないことには資金は思ったようには増えないことになるはずである。 ということで高いリスクリワード比が望めない以上、勝率を上げる努力をするのが筋道だと思うのだが違うかな? まぁこれは一般的な話でありまして、現実には低い勝率ながら高いリスクリワードでもって資金を増やされているトレーダーがいることも否定はしませんが・・・。 まっ兎に角今週も頑張りましょう。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック