中身に違和感

 今月初めからこれだけ下げてくればどこかで反発するのは当然のことであり、今日の反発上昇自体に違和感はないのだが、反発の仕方というか中身についてはかなりの違和感を覚えている。 というのは今まで散々売られてきた中小型の銘柄ばかりが怒涛の如く上げたからである。 日経平均は300円ほどしか上げていないのにこれらの銘柄は10%以上上げたものがゴロゴロあり、私の体感的には日経が1000円程上げたような感じなのである。 まぁ今まで下げ過ぎた反動と言えばそうなのかもしれないがそれにしてもちょっと極端すぎるように思うのは私だけなのかな? 全体相場的には今週いっぱいは反発するような動きが続くと見ることは自然だと思うので問題視していないが、今日のような上げ方(中小型株の怒涛の上げ)が続くとは思えないのだがどうだろう。 しかし今日これほど上げるとは正直思っていなかった、NYも下げていたし・・・。 でもよく考えたら今日は月末前日なんだよね、過去にもあったなこういう時期が、月末の前日になったらどういうわけか上げるという。 月末前日からせいぜい3日間ほどのことなんだけどね、誰かが決まってこの日程で買いを入れてくるんだね、日銀以外の誰かがね。 昨日3銘柄に買いを入れたのは結果的には失敗ということになるんだろうけど仕方ないやね、だって今日みたいな状況になるなんて分かんないもん。 まっ、明日以降の値動きに従ってそれなりに対処していきますわ。 このまま上昇が続くなんて思っていないし、再度底を探る動きになるだろうし、日経で言えば21000円を明確に割り込む動きになる可能性も結構あると思ってるんで、売り戦略を変更するなんてことは剛力彩芽が月旅行に行くのと同じくらいの確率でありません。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック