FC2ブログ

Entries

量的引き締め

 今日は特に書くこともないのでぼんやりと思うことを書いてみたい。 FRBの利上げが着実に実行され今後も利上げが継続して行われることが予定されていることから、米国の経済の先行きが懸念されるということはあちこちで言われているところであるが、利上げばかりに焦点を当てている論調がほとんどである。 確かに利上げが行われれば経済にとってはマイナス要因なのだが、今は利上げ以外に量的緩和の巻き戻しが行われており、マネーの量自体がどんどんと減ってきている。 実体経済に対する影響は利上げに比べれば小さいかもしれないが、投資という観点からすれば影響は利上げ以上に大きいのではないかと思うのである。 つまり株価にとっての影響は大きなものになるということである。 今はまだ企業業績がいいからそれほど目立った影響は出ていないように見えるが、この先利上げによって企業業績が頭打ちになれば緩和の巻き戻しの影響が明確に表れてくるだろうと思う。 すなわち利上げと緩和巻き戻しの両方の結果として株価の下げのスピードが倍加するということに他ならないのである。 私の予想が仮に現実のものとなるにしても時期はまだ当分先のことになるだろうから明日、明後日どうなるものではないが、いつかはその時が来ることだけは間違いない。 そうなった時まだFRB(米国)は利下げとQE再開という手段を採ることができるが日本はどうなるんでしょうかね。 いや、そんな心配は無用だろう、きっとその時は誰か頭のいい人が出てきて日本を窮地から救ってくれるはずだ、今までもずっとそうだったんだから。 だから僕たちはそんなこと心配しなくていいんだよ、なんとかなるんだから、ねっ。


スイングトレードランキング


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuku.blog.fc2.com/tb.php/1758-d035d5d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR