夏らしくなって

 今日はこの夏1番の暑さとなるらしいが、私にすればやっと夏らしくなったかと思う程度であり、この夏はまだエアコンを入れていなかったが今日あたりは入れてみようかと思っているところだ。 私はエアコンどころか扇風機さえもまだ使っていないので、今日あたりでも扇風機だけあれば過ごせなくはないと思うが、私以外の家族のことを考えるとそうも言ってられないので・・・。 そりゃ仕事や勉強をするのであればエアコンを入れないと能率も落ちるが、別に何もしていないのであれば「暑いなあー」と言っていればそれで済むんでないかい? 昔はエアコンはおろか扇風機さえもなかったんだからなくても死にゃあしねえと思うが、最近はこの時期になると熱中症が流行り病のように言われるんだがそうなのかねぇ。 いや、確かに外で仕事やスポーツをする人は注意しなければいけないのだろうが、家の中にいてるだけの者に「熱中症に気を付けましょう」ってどうよ? これって私なんかは過保護すぎるメッセージだと思うのだがそう思うのはへんこな私だけ?

 話題変えます。 世間では夏のボーナスの支給も今週で出そろったようで、非正規職である私にも先月ボーナスが支給されてちょっぴり心も潤っています。 非正規職とはいうものの2ヶ月分ものボーナスを頂けるというのは有り難いことです。 そもそも非正規職に対してボーナスが出るということ自体が世間の常識からすると考えにくい上に、月給の2か月分なんて額が非正規職に本当に支給されるのか? お前の言ってることは嘘だろと思われるのも仕方のないことですが本当なんだから仕方がない。 新聞やテレビの報道だけを見聞きしているだけだと「噓やろ?」となる現実が世の中にはまゝありますよということです。 で、そんな職場での半オフィシャルな飲み会が先週あったのですが、この場でも非正規職に優しい待遇がなされたのであります。 どういうことかと言うと、1人あたり5000円の料理内容だったのですが私の負担した額は何とナントの1000円ぽっきりだったのです。 つまり1000円払って5000円のものを飲み食い出来たわけでして、女子大生の合コン以上のコスパなわけです。 私の非負担分(4000円)は”えらいさん”たちが負担してくれたことになるのですがそれにしても1000円だけとは・・・。 飲み会の前日に幹事が会費の集金に来て、「○○さん明日の会費1000円お願いします。」て言うさかいに「えっ、1000円でいいの?安すぎひん?なんぼ非正規のペーペーや言うてももうちょっと出しまっせ」と言ったのだが、「いや、もうこれで決めましたから」ということで相成りました。 そんなわけで当日は遠慮してお上品に飲み食いしようと思っていたのですが、ついいつも通りの品のない食べ方をしてしまっていた自分が情けなかったです。 まぁことほど左様に非正規職の身でありながら下手な正規職より恵まれた職場環境下に置かれている者としてはただただ感謝するしかないです。 そんなわけでこの連休は体を休めて来週からの仕事に邁進できる態勢を整えたいと思っております。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック