新規銘柄を売り建て

 先週野村を手仕舞いした後、売り4銘柄のままだったが、今日新たに極洋(1301)を売り建てた。 4ヶ月にわたる保ち合いから金曜日に年初来安値を更新したので売ったが、今日のところはイメージ通りの足を引いて終えている。 先のことは分からないが、今までの経験上仕掛けたその日の値動きがイメージ通りであればそのトレードはうまく行くことが多く、逆の場合はそのトレードはうまく行かないことが多いように思う。 今日でまた売り5銘柄となったので、いずれかの銘柄を手仕舞いしないことには新規で売ることができないが、売りタイミングに来ている新規銘柄もほとんどないのでちょうどいい。

 さて、全体相場の方は今日そこそこ下げて日経平均の方は想定レンジ下限近くまで来ているがまだ中段に位置しており、それほど危機感はないかもしれないが、TOPIXの方は終値における直近安値を更新しており、大分やばい雰囲気が漂っているように思うのだがどうなんですかね。 個人的にはそれよりもアジア各国(徐インド)の株価の方がゾッとするのですが・・・、あっちもこっちも底抜けしちゃったようなチャートばかりで。 まぁあんまり不安を煽るのもどうかと思うのでこの辺で止めておきます。 いや、アジア言うても新興国じゃない日本は別格でんがなというのならそれはそれでアリかと・・・。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック