1銘柄決済し1銘柄新規建て

 先ず決済したのは本日引け後に決算発表がされる三井住友FG(8316)で、4523円の買値に対し売値は4553円となる薄利トレードとなりました。 発表跨ぎも頭をよぎったのですが、そうそうセオリーを無視するわけにもいかずここはおとなしくセオリーに従いました。 と言っても今までのように朝の寄付で決済したわけではなく、大引け不成注文を出していたら後場の早い時間に約定してました。 エントリーが拙かったため薄利トレードでしたが手仕舞いは思い通りにできたので後味は悪くないです。 
 一方新規で買い建てたのはダイフク(6383)だったのですが、昨夜注文を出すのにかなり迷いました。 というのもこの銘柄11日(金)の引け後に決算発表が行われていたので、一応決算の数字自体は確認しているものの株価の反応を確認する前の注文になっていたからです。 この銘柄と別の銘柄の間で心が揺れ動いたのですが、決算数字自体は悪くないと判断して注文に踏み切りました。 指値をして買えずに株価に置いて行かれるのは避けたかったので寄付での注文にしたのですが、結果的には今日の高値で買うことになってしまいました。 寄付値6240円は前日終値より110円高く始まりましたので、やはり決算を好感した買いが入ったんだなと思っていたのですが、寄り天もいいとこでその後は下げる、下げる、わずか15分で350円も下げてしまいました。 まぁこの急転直下で下げている間は仕事をしていましたから、まさかこれほどの下げが演じられてるとは思っていなくて、逆に350円くらい上げているんじゃないかと思っていました。 まったくめでたいですな。 しかし5900円まで下げた後は5910円でしっかりと買い支えられて、後場に入ると徐々に戻して行き終値6050円で引けています。 やや大きめの陰線となりましたが長い下ひげを付けていますし、高値も更新していますし、終値では5日線も割り込んでいませんからそれほど悪い足ではないと思っています。 しかし決算数字が分かっていても、やっぱ決算発表後の反応を確認してからでないと動くのは拙いということがよくわかりました。 では明日も頑張りましょう。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック