今週の戦略

 一応戦略としては昨日記事に書いた通りであり、私としては今週も引き続いて売り戦略で臨むことにしている。 だが全体相場は今のところ上げでも下げでもない保ち合いの状況にあると判断されることから、どんどん売れるという様な状況ではないのと、売るにあたっては慎重な銘柄選定が必須であることは言うまでもない。 先ほど500ほどある監視銘柄のチャートを見終えて思ったのは、売りよりも買いで取れそうな銘柄の方が遥かに多いということである。 監視銘柄に好業績のものが多いということもあるだろうし、先週は全体が戻り基調だったことでチャート形状が良化していることもあるからそう感じたのかも知れない。 そんなことから今は銘柄選定を間違えなければ買いでも売りでも取れる相場であると思うが、ロングの銘柄とショートの銘柄を同時に持つというのは難しいことだと思っている。 少なくとも不器用を自認している私にはできそうにない。 エントリーはできても手仕舞いの判断がぼやけそうで、結果虻蜂取らずみたいなことになるような気がするのである。 だから今週は売りで行くと決めたのなら、買い妙味のある銘柄がゴロゴロしていてもそれらには目もくれず、ひたすら売り銘柄だけを見て行くのである。 仮に今週は買いで臨むと決めたのなら買い銘柄だけを見てトレードすればいい。 とにかく今は全体が保ち合いなので売りの銘柄もあれば買いの銘柄もあってどちらの戦略もありなので、自分の得意とする好きな方の戦略で臨めばいいんではないだろうかと思うのである。 ただ私は相場が急変する可能性を考慮して買いよりは売りで臨むことにしたまでのことである。 しかしそれにしても化粧品と薬品(小売り)関連銘柄はすごいね、これらの銘柄は業績は二の次で化粧品と薬品というだけで上げている感じだわ、ちょっとしたバブルって感じかな。 あとは銀行株が下げ止まってこれから上げて行きそうな感じだね、それと私鉄は下げ止まりからすでに上げ始めているね。 建設と輸送用機器もこれからって感じかな。 こんな感じで個別株を見て行くと相場は上向きそうな気配を感じなくはないんだけど、それでも私は売りで行くよ、へんこなんで。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック