救われた

 昨日建てた売り玉が買い玉のマイナスを十分カバーしてくれたおかげで、今日のところは含み損を増やさずに済んでいる。 買い玉と言っても試し玉なのでポジション量的には知れているのだが、それでもマイナスになるよりはならない方が気分はいい。 昨日の日経の上げで今日の暴落を予想した人はまずいなかったと思われるが、ここ最近の値動きから1000円もの暴落まではいかずとも下落の可能性を感じ取っていた人はそこそこいただろう。 さてこれで全体相場の方は底抜けして下降トレンド入りが確定したものと思ってよいだろう。 今日の安値が底になることはまずないから、来週以降下げが続くと考えるのが自然である。 先日記事に書いた通りこうなったら追撃売り戦略で来週以降臨むことになる。 この週末は売り候補銘柄のマイニングに没頭して週明けから追撃したいと考えている。 今回の取り敢えずの下値目途は常識的には20000円前後となるが、そこで止まらなければ19500円を割り込むところまで下げるだろう。 さすがにそこまで下げれば信用の買い残も大幅に減って需給関係も改善されると見る。 そこまで下げればピークから5000円近く下げたことになり、いくらなんでも底打ちするだろう。 20000円か19500円かいくらになるか分からないが底打ちするまでに売りでいくら稼げるかが勝負だ。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック