今の相場は

 去年の8月から9月にかけての動きと非常によく似ている。 4本の移動平均線(5日、25日、75日、200日)の位置関係とそれらの向き、ローソク足の波動形状が全くと言っていいほど同じである。 仮にここから先も同じ動きをするなら明後日のMSQ後ぐらいから反転上昇に転じることになるのだが、果たしてどうなるでしょうか? 当時と外部要因に違いはあれど株価は同じ動きを繰り返すということもあるし、ひょっとしたらひょっとこするかもです。 仮にそうなるなら明日は絶好の買い場となるわけですが、個人投資家は買ってくるのか? 今でもすでに信用の買い残は大分と膨れ上がっているようだが更に買ってくるのか? しかしこう言っちゃあなんだが、いくら個人投資家が買ったところで外国人が買ってこないことには相場は絶対に上がらないことになっているから、個人投資家の動向なんてどうでも良いということになる。 寧ろこのパンパンに膨れ上がった信用買い残を外国人投資家がどう見ているのか、それともそんなものは見ていないのか、見ているとすればどういう判断をしてどういう行動に出てくるのか出てこないのかといった点が個人的には気になるが・・・。 まぁそんなことを思いながら私は適当に売買していくつもりです。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック