もうちょっと仕事したら

 今日のタイトルは、月の内何度か遅刻をし、そして月のうち何度か早退をし、有休は有休でちゃんと取り、午後になったら毎日舟をこぎ、1時間も続けて仕事するということなど決してなく、10分ほど仕事しちゃあ数分休憩し、スマホは1時間に最低数回は見るという私の隣の席のおばちゃんに対して言っているのではなく、日銀に対して言っているのである。 私の記憶が正しければ日銀は現在長短金利操作付き量的・質的金融緩和政策を採っていて、国債購入額80兆円にはこだわらないが長期金利(10年国債利回り)は0%で安定させるということになっているはずである。 この0%で安定させるというのはある程度の幅を持たせていて0.1%前後までは許容範囲としているのかも知れないが、ゼロ金利のなかでの0.1%なんて幅ありすぎだろ、せいぜい0.05%が限界だろ。 今年に入ってからはずっと0.05%以上で推移しており、2月1日なんか0.1%寸前まで上げていた。 物価はまだ1%にも達していない状況なんだから今の時点でテーパリング気味の政策執行しててどうすんねん、最低でも0.03%以内に抑えるように国債購入しろよ。 物価目標は2%です、この目標は絶対に降ろしません、その目標達成のためには国債購入により長期金利は0%にします、と自分で言っておきながら仕事せずにサボっているように思うのは私だけか? もっと仕事しろよ日銀、それと隣のおばちゃんも。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック