今週の戦略

 現在保有の3銘柄のうち2銘柄が今週決算発表を迎えることから、それらの銘柄に関しては遅くとも発表当日の寄付までには決済しておかなければならないが、3銘柄すべてを今週中に決済するかも知れない。 そうなるとオールキャッシュになってしまい面白くない。 今は普通の調整局面なだけであり、大きな悪材料による○○ショックという様な調整ではないことから、過度に慎重になり過ぎるのはどうかと思うのである。 昨日書いたように22700円台と22000円の間のどこかで下げ止まって上昇に転じると考えているので、買い下がるような感じの打診買いをチョコチョコっと入れて行くつもりでいる。 全体相場の底打ちはまだ先になるとしても個別株では日経に先駆けて底打ちして上げてくるものも当然あるわけで、そのようなものを買って行くことになるだろうと思う。 だから保有株が0になるということはなく、少なくとも1~2銘柄は保有している状態を維持したいと考えている。 今週23000円を割り込んで22000円に向かって下げて行くとしても、以前から言ってるように売りはないというか考えない。 
 
 ネットのニュースで見たのだが、昨日の節分用に準備した恵方巻の材料を大量廃棄していた。 店頭に並べて売れ残ったものではなく、恵方巻を作ることさえせずに材料のまま廃棄していたのである。 これを見て私が思ったのはどんだけバカなのかということであった。 頭悪すぎるだろ、どう考えても。 作ったものが売れ残って廃棄処分したというのならまだ分かるが、それ以前の段階で廃棄せなあかんほど仕入れるってどういう読みをしてるんだろうか? やっぱりどう考えてもバカだろ。 関西人がアホと言わずにバカと言ってることで私がこのことにどれだけ怒り心頭なのかが分かるというものである。 このようなことが起きるそもそもの根源は、1本でもたくさん売って儲けたるわ、そのためには「売り切れ」なんて言う状態は許されへんというさもしい考え方なのである。 ちょっとでも多く儲けたろという考え方が結果的に損してしもうたということなのだが、私もトレードにおいて同じようなことをやってる節があるので余り偉そうには言えない。 しかし相場でこれから上がるか下がるかの読みと、恵方巻がどれだけ売れそうかの読みとでは難易度が全く違うと思うぞ、恵方巻の売れ具合なんて過去の数字から大きくは違わないだろ。 売り切れても作ったものが全部売れた方が利益は大きいだろうが、そんなこともわからずに商売やってるのか? だとしたらやっぱりバカだろ。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック