なかなか

 買い候補の銘柄の中で2銘柄のチャートが非常にいい形をしているので狙っているのだが、ここまでは下げる可能性があるというところに指値を置いているとまぁ約定しない。 全体相場が大きく下げれば少しは約定の可能性はあるが、今日みたいに全体が大きく上げると約定はまず不可能になる。 で次の日は指値を弄って少しは約定しそうなところまで引き上げるが、株価はさらに上へと進み約定しない。 でその次の日は半分ぐらいの確率で約定しそうなところまで指値を引き上げるがやはり約定しない。 でまたその次の日には終値近くに指値を持ってきて約定させようとする。 そして運よく?次の日に約定になったとする。 だが株価は約定した次の日から下げ始めるというパターンがよくあるパターンである。 そして運が悪けりゃ損切りになり、損切りまではならずとも株価はしばらく買値の下でウロウロするからストレスが溜まって仕方がない。 このような状況を回避する方法は2つ、1つは最初の段階で寄り成りで買ってしまう、もう1つは最初の指値を変更しない、この2つのどちらかである。 一応方法は2つだが寄り成りで買ってしまうほうが実戦的だろう、指値を変えずに待つというのもストレスが溜まるだろうから。 まぁ実際は単純にこの二つの方法のどちらかに決めておいて実行するというより、諸条件を考慮したうえでどちらの方法を採るか選択したり、2つの方法を足して2で割るというか融合させた方法でやることになるだろう。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック