今週の戦略

 今週は銘柄的には最後の1銘柄の買いを実行する週になるという位置づけであるが、ポジション量的にはまだ余裕があるので今週買い付ける銘柄の株数は最初から規定数量を買うことになる。 最後の1銘柄を買った後は既存の銘柄で買い増しのチャンスが来たものを買うことはあっても、何かの銘柄を売らない限りは新規の買いはしない。 つまり現在の自分のケア銘柄数は7が限界であると判断していることになる。 最後の銘柄はどのようなものを選定するかとなると、昨日の記事で書いたようにできれば小売りのセクターから選びたいと思っていたが、マイニングの結果小売りセクターでは選定基準に適うものはなかったのでセクター的には小売り以外になる。 まぁ銘柄選定においてはセクターよりももっと重視すべき観点から選定すべきであると思っているからかまわない。 現在の相場環境において何を重視するかは人それぞれの考え方があるだろう、と言うかそれぞれのトレード戦略によって違ってくるだろう。 私が一番重視するのは「時間」の概念である。 通常、時間と値幅はトレードオフの関係にあり、値幅を狙えば時間が必要となり、時間を短縮しようとすれば値幅を犠牲にせざるを得ない。 まぁ普通はこのトレードオフの関係にある両者だが、それを極力どちらもそれなりのパフォーマンスが期待できると思われる銘柄を探してエントリーするようにしている。 だがいつもそのような都合のいい銘柄があるわけではないので大概はどちらかをその時の状況によって犠牲にしてエントリーしている。 今週に限って言えば年末年始が近づいていることから時間を優先させたエントリーとするものである。 つまり値幅は取れるかもしれないがいつ上がりだすか分からないような銘柄をエントリーするのではなく、既に上がりだしている銘柄にエントリーすることになる。 ということで以上が今週の戦略であるが早ければ明日にでも最後の1銘柄が約定となるかもしれない。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック