指数の割には

 なんでも今日は日経が今年一番の下げ幅だったらしいが、個人的には500円近くも日経が下げたような気がしないのである。 というのも保有する5銘柄の中で最も下げたものでも1%代前半で多くは1%未満、中には上げたものもあったりで、現在含み損になっているのは一昨日の月曜日に買った日本M&Aセンターだけという状況だからだろう。 で、今日も買いを入れるべく昨夜のうちにある銘柄に2170円の指値注文を入れておいたのだが、今日の安値が2171円と1円届かず約定には至りませんでした。 指値を変更して明日も発注しておきます。 さて明日日経は22000円を割り込むのでしょうか? それは私には分りませんし、22000円という数字自体に特段の意味はないし、明日の終値が22050円でも21950円でもその後の展開に差が出るわけではありません。 つまり明日22000円をキープしたからその後は上がるとか、22000円を割り込んだからその後は下げるということにはならないということです。 1日だけの株価を見たところで何もわかりません、株価の推移、流れを見ないことには。 こんなことは当たり前のことなんだけど今あまりにも22000円という数字だけが意識されているようなので書いてみました。 いや、私ごときが言うようなことではありませんでしたね、失礼しました。 今日もここまで書いたら寝る時間になってしまいました、おやすみなさいです。


株式ランキング

コメント

承認待ちコメント

-
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

トラックバック