下抜けしても

 今日も下げてトリプルボトム完成の準備は出来た。もし580円台で止まらず、570円台まで下げるようだと、トリプルボトムは否定され、下げトレンドの続行ということになる。その場合、下げトレンドの起点は2月18日の高値632円ではなく、年初の697円であると考える。そう考える理由は、まず、戻りの陽線新値が2本しか出ていない点があげられる。陽線新値の本数が4~5本出た後に下げトレンドになったのであれば、最後の新値を今回の下げの起点と考えるが、2本しか出ずに再度下げたのなら、最初のトレンドの続きと考える。つまり今回で言えば、2月4日以降は下げトレンドにおける中段の保ち合いと考えるのである。もう一つの理由は1月23日の高値と2月18日の高値を結ぶ上値抵抗線の範囲に全てのローソク足が収まっている点、つまり一度も抵抗線を突破していない点があげられる。またその抵抗線のアングルも妥当なものなので信頼できる。一応わかりやすくするために理由を2つに分けたが、この2つの理由を一緒に絡ませて考えることで、年初からの下げトレンドの続きであると判断する次第である。

 前段が少し長くなったが、今日私が言いたかったのは、トリプルボトムが否定されて下げトレンドが続いたとしても、年初から続いている下げトレンドと考えられるので、今まで結構下げてるから下はそんなに深くないだろうからあんまり心配するこたぁーないんでねぇーのかい?ということでした。まっ、下手糞売買人の独り言ということで・・・。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック