1銘柄決済して新規買い

 計画通りに住友大阪セメントを499円で決済して、東急建設(1720)を920円で買い付けました。 住友大阪セメントは買値が確か512円だったと思うので2.5%強の損切りになっていると思います。 買値があやふやなのは記録してなくて自分のおぼろげな記憶を頼っているからです。 今までは記録を付けていたのですが新手法にしてからは記録を付けていません、たぶん今後も付けることはないでしょう。 その理由は一般的に言われているトレード記録を付ける意義を感じなくなったからです。 話をトレードに戻します。 住友大阪セメントの代わりに東急建設を買ったのですが、予定買い付け株数の半分強しか買っていません。 残りは明日以降の値動きを見て買うつもりですが、ひょっとしたら東急建設はこれだけにするかもしれません。 その時は新たな銘柄を買うことになります。 今日実際に買ったのは東急建設ですが、本当は三井住友建設を買いたかった。 週末に監視銘柄で銘柄を探していて三井住友建設が強烈に目に飛び込んできたのですが、見つけるのが1日遅かったということで泣く泣く見送りました。 今日の寄付で飛び乗ることも考えたのですが、すでに時速40キロ以上出ているバスだったのでやめました。 そしたら今日80キロまでスピード上げてぶっ飛ばしていましたな、残念。 
 全体相場の日経平均とTOPIXは相変わらずの高値保ち合いですが、ジャスダック、マザーズ等は着実に日々上昇して行っていますので、やはり相場自体は強いということになるんでしょうな。 ファンダ的には懸念材料はいっぱいあるが、相場が上がる傾向にある以上とりあえず買いで着いて行くしかないわけで、今は売りのことは考えない方がいいと思っています。 多少下振れる場面はあるかもしれないが、選挙が終わるまでは20000円を割り込むことは考え辛く、基本的に高値膠着が続くと割り切って考えたらどうでしょう。 そして選挙の結果を受けて相場がどう動くのかを見極めてから次の投資行動を起こしても遅くはないと思うのですが・・・。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック