今週の戦略

 全体相場は一応大きな動きのない保ち合い状態が続くと仮定して考えることにする。 まぁ戦略というほどのものはないが、保有する買い3銘柄の中で動きの思わしくないものがあれば、動きのよさそうな他の銘柄に乗り換えるということになるだろう。 そういうことで言うと、住友大阪セメント(5232)を見切って他の銘柄に乗り換えることになりそうである。 住友大阪セメントも保有を続ければいつかは買値を上回り上昇していく可能性はそこそこあると思っているのだが、問題は「いつかは」というところである。 それは明日かもしれないが1か月後かも知れない、つまりいつになるかわからないということである。 いつになるか分からないものをじっと持ち続けるというのは資金効率が悪い。 それよりもすでに上昇に向けて動き出しているものに乗った方が資金効率はいいに決まっている。 以前は基本順張りであっても、目先のエントリーは逆張りで下げてきたところを拾うというエントリーだった。 このやり方だと多少安くは買えるかもしれないが、強い銘柄は押さないので買うことができない。 逆張りで買えるような押して来る銘柄はそれほど強くないということにもなり、買った後の強い上昇はあまり期待できない。 ということで今は飛び乗り気味のエントリーにしている。 先週買った東洋紡(3101)もユニチカ(3103)も飛び乗りっぽいエントリーだったが、その後の株価は順調に上げてくれている。 飛び乗りもバスが発車して時速10~20キロまでならいいが、30キロにもなると危なくて乗れなくなるから乗るなら早目がいい。 理想は発車寸前に乗り込むのが最も効率がいいのだが、よく運転手が居眠りをしていていつまでたっても発車しないことがあるから、最近は走り出してからでないと乗らないことにしている。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック