うへっ!

 昨日で3銘柄に達していたのでどうせ今日はすることないし、昨夜のNYも上げていたこともあって9時の寄付きを過ぎてからパソコンを立ち上げたところ、住友大阪セメント(5232)が昨夜の段階で損切りしようかなと思っていたラインをとうに下回っていたので「うへっ!」となった。 まぁ一応最終の損切りラインまでは到達してなかったのですぐに逆指値注文を入れたのだが今日のところは引っ掛からずに済んだ。 住友大阪セメントで「うへっ!」となった後、今度は東洋紡(3101)でも「うへっ!」となりかけたので損切り注文を入れたが、こちらも運よく損切りラインすれすれに近いところで反転してくれて助かった。 住友大阪セメントは長い下ひげを付けた陽線になったこともあり、損切りに掛かる可能性は薄らいだかもしれないが、損切りラインには引っ掛からなくても明日以降決済(損切り)して他の銘柄に乗り換えるかもしれない。 というのもこの銘柄は当初のイメージとは違う動きになっているので、このまま続けて保有して損切りに引っ掛からないとしても良好なパフォーマンスは得られないと思うから。 新手法の第1発目の銘柄ということもあって愚直にルールに従ってみたのだが、自分的にはちょっと違うなという部分がある。 その辺りについては今後基本は踏まえつつも自分なりに変更解釈していくことになる。
 今日は相場でも「うへっ!」となったが、民進党と希望の党が合流するというニュースを聞いて「うへっ!」となった。 これについてはいろんな見方があるのかもしれないが、私はこれで今回の総選挙の与党勝利(過半数獲得)は間違いないものになったと思っている。 合流しなくても与党勝利はほぼ間違いないと思っていたが、これで与党の勝利は確定的なものになったと思っている。 できて間もないほんの数日しか経っていない希望の党だが、これでもうこの党も終わったと言ってもいいのではないかと思っている。 投票日までまだ3週間以上の時間があるから今後の流れ次第ではどうなるか分からない部分はあるものの、合流が白紙に戻らない限り私の見立てにそれほどの見誤りはないものと思っている。 先に誰かが言った言葉だが、やはり小池百合子も単なる厚化粧のおばさんだったということになるのかな。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック