ガラガラポン

 3月の中旬から多銘柄の単発売買に移行してちょうど半年が経ったが、大きな損はしていないだけで全く稼げていない状態である。 今まで独学の我流手法で相場と戦ってきたが、これ以上今のやり方を続けても改善は見込めないという判断に至り今回手法を全面的に見直した。 今まで我流手法の部分的な修正はしてきたことはあっても車で言うモデルチェンジ程度でしかなく、自分でガラクタを集めて作った基は変わっていなかったが、今回はちゃんとした自動車メーカーが作った全く違う車種に買い替えたという感じである。 まぁ車で言うたらハンドルとアクセルとブレーキがあるのは一緒だがそれ以外はすべて違うということだ。 でその新しい車はどうやって手に入れたかというと、正規ディーラーに行ってお金を出して買ったのではなく、中古車屋に忍び込んでパクってきたのである。 パクったという言い方が聞こえが悪いのなら中古車屋で0円で売ってた車を買ってきたということにしておこう。 とにかくそんなわけで今後は新しい手法で相場と戦っていくことになる。 で今はまだ新しい車の操作方法を学んでいるところで、公道を走るのは来週以降になる予定である。 まだ実際に走っていないので何とも言えないが、今までは自分で作った車でいつ故障するかビクビクしながら走っていたのが今度からはちゃんとした自動車メーカーの故障しない車で走ることになるので精神的に全然違う。 
 そういうことで手法自体が変わったことに加えてトレードスタイル的なものも変えることにした。 今までは分散投資ということで複数銘柄を並行トレードしていたのを今度からは集中投資に切り替える。 基本的には1銘柄だけをトレードしていくことになるが、まぁ常に1銘柄だけだと資金効率的にどうなのかなと思うので2~3銘柄でのトレードになるだろう。 但し最大でも3銘柄まででそれ以上には絶対に増やさない。 今回の戻り局面で含み益を大幅に減らしてしまった一因は、多くの銘柄を抱えてそれぞれの値動きに対して注意力散漫になったことである。 銘柄数を絞り込めば当然1銘柄のロットは大きくなるが、手法に対する安心感があるのでロットが大きくなってもさほど不安感はない。 そもそも大きな資金でもないのに分散する意味があるのかと言えばそんなにないと思う。 個人的には数百万ぐらいまでの資金なら分散するより少数銘柄に集中投資する方が効率的だと考えるが違うのかな。 まぁ考え方は人によって違うから何とも言えないけど・・・。 あと変えることはトレード対象銘柄である。 今までも東証一部に限定してはいたが、新興の小型株もトレード対象としていた。 それをこれからは東証一部の主要銘柄を主体にトレードしていくつもりである。 極端に言えば日経225銘柄ということになるが、そこまで絞り込まなくてもJPX400程度にまでは絞り込むつもりである。 そうする理由としては今回の手法がそういう銘柄の値動きに適していると思われるからである。
 ということで以上グダグダと書いてまいりましたが、今までの我流手法は焼却炉で完全焼失させて新たな手法で来週からスタートいたします。 


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック