つおい

 さすがに今日は予想通りの反落となったが、それほど大きな下げにもならず一番上の窓を辛うじて埋めただけで終わった。 それと陰線ではあるが高値を更新していることからも、上げの勢いは今日の時点ではまだ残っていると考えられる。 ここから先の動向を敢えて予想するならやはり保ち合いになる可能性が高いと思っているが、レンジの幅は上と下が1000円近くに広まることになると思う。  実際どうなるのかは分からないが、自分が保ち合いだと思うならそれに沿った戦略が求められる。 今回の戻りで含み益のほとんどを失うことになったのは、自分で19800円ー19300円の保ち合いを予想していながら19300円を割り込んだ時に利食いをしなかったことと、レンジ下限でポジションを売り増してしまったためである。 今になって思えばなんてあほなことをしてしまったのだろうと思うのだが、いつの間にか保ち合いから下げトレンドへ移行するというシナリオに無意識のうちに変更してしまっていたようだ。 もう一つは全体相場が反発に転じても自分が売ってる銘柄は弱いのでそれほど戻さないはずだという勝手な思い込みの所為だったと言える。 ということでまた出直しであるがつくづく今の相場は難しいような気がしている。 別に今だけじゃなくて保ち合い相場の時はこんなもんなんだろうかとも思うがわからない。 それから全体相場の先行きを占うにあたってはいつも日経平均(225種)のチャートを見てやっているのだが、最近は日経225とTOPIXやJPX日経400では随分と違ったチャートになっていて、これらのチャートで判断すれば違う予想になってしまうように思うのである。 TOPIXなんて今日で高値を更新しているわけで完全な上昇トレンドになっているのである。 つまりアメリカと同じ相場の動きをしていることになり、アメリカは高値を更新して上げているのに日本は・・・という見方は全く見当違いということになるのだが、誰もそのことを指摘することはない。 いや、指摘している人はいるのかもしれないが、少なくとも私はそのような指摘を目にしたことがないので言っている。 TOPIXのチャートを見て先行きを占うなら、「緩やかな上昇トレンドが続くんじゃないのかな」となってしまうように思う。 このような日経とTOPIXのチャートに差異が目立つようになったのは日銀のETF(TOPIX型)買いが原因であると考えるのだが違うだろうか。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック