Entries

ノートレ

 今日は何もせずに1日が終わり、気が付いたら1週間が終わっていました。 今週1週間が今まで生きてきた中で最も速かった1週間でした。 月曜から金曜までの5日間が2日ぐらいにしか感じられませんでしたが、どうなっているんでしょう? 日曜の夜に明日から相場がまた始まるんやなと思ったのが一昨日の晩にしか思えないのです。 これは多分家から外へ出ることもなく、朝から晩までパソコンの前に座っているという変化のない生活をしているからなのでしょう。 こんなことでいいのだろうかとも思うのですが、外へ出る用事がなければつい引きこもってしまいます。 先週の水曜日に就活で外出してから丸1週間家から1歩も出ていなかったので、昨日は無理やり用事を作って外へ出ました。 こんな生活を続けていたらそのうち「あそこのご主人最近見かけへんけど亡くなりはったんやろか?」という噂がマンション中に広まりそうです。 あかん! どないかせんと・・・。
 相場の方は今日も上げてこれで3連騰ですな。 さすがに今日は窓空け無しの陰線でしたが、それでも終値では上げてますから決して弱い動きではないです。 この強さというか反発がどこまで本物なのかということになると、休み明けの値動きで判断がつきそうな感じですかね。 月曜日今週より高く終わればこれはもう短期的には底入れしたと判断せざるを得ないですね、つまり8月29日が底だったということになるかと。 ただあくまで短期的にはということであって、中期的には底であるとは言えないです。 例年秋は下げるというイメージがある上に、今年は何かと懸念材料があるようなので、いつもより余計にこの秋は危ないという空気が流れるようにもなるでしょうし・・・。 今世間では刈上げブタ野郎の北朝鮮リスクとアメリカのトランプ大統領の政治リスクが何かと話題になっているようですが、この秋仮に相場が急落するとしたらその原因は私が想像するには刈上げブタ野郎でもトランプでもなく、中国経済のような気がしているんです。 まぁいわゆるチャイナショックというべきものでしょうか、中国経済の実態は相当ひどい状況になっているような気がしていて、今は刈上げブタ野郎とトランプばかりが注目の的になっていて中国問題は陰に隠れているものの、ある日を境にこの中国問題が俄然クローズアップされるような気がします。 相場で儲けようとすれば大きく値が動かないことにはどうにもならない。 大きく値を動かすには今現在世間が注目しているネタでは無理がある、今現在ほとんど騒がれていないことを突然表に出して騒ぎだせば世間はパニック症状を起こして相場は急落するという算段である。 刈上げブタ野郎ネタとトランプネタはもう鮮度が落ちてしまって使えないから他のネタ探してこいや、と言われているんじゃないのかな。 あっ、ネタと言えばブルゾンちえみの新ネタ見たけど全然面白くなかったわ、う~ん、やっぱり今年で消えてしまうような気がするけどなぁ。


スイングトレードランキング
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuku.blog.fc2.com/tb.php/1370-3f3b26ae

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR