Entries

2銘柄を決済

 昨日買い付けた2銘柄を両方ともに本日決済しました。 ダイヤモンドダイニング(3073)の方は買値と同じ2518円で決済し、手数料負けだけで逃げました。 わらべや日洋(2918)の方は2928円で決済し、買値2985円から57円の損切りとなりました。 結果的には昨日買い付けなければ良かったことになりましたがこれは仕方ない、今日相場が大きく下がるなんてことは昨日の時点では分かるわけないのでね。 もし今日上がっていれば逆の結果になったわけで。 買い銘柄は損失となりましたが売りの4銘柄は昨日より利が乗っていますのでトータルでは損失は発生しておりません。 しかし大きな損はせんけどほんま稼げんよなぁー、なんでかなぁー、期待値プラスの手法(のはず)なんだからトレードを数こなせば儲かるはずなんだけどなぁー。 まっ、ここんとこ保ち合い相場が長く続いていたからということにしておこうか、いやいやそんな安っぽい言い訳は通用しないだろうな、やっぱりまだ細かいところで改善すべき点があるんじゃないかと思う、特にエントリーにおいて。 ということで今後も改良を重ねて行きます。

 さて、これで日経平均の方は5月18日の安値までも割り込んだ(と言ってもわずかであるから誤差の範囲と言えなくもない)ことで下げトレンドが確定したと言っていいでしょう。 ということで私の中で「買い」はもうありません、戻れば売りの展開となることが予想されることから、ここからはポジション持つなら空売りということになってきますが、追っかけ売りはあまりしたくないところです。 売るなら戻りを待ってからにしたいところですが、チャート的に追っかけでも取れそうなやつはエントリーもありだと思っている。 ただ下げトレンドになったとはいえ、このトレンドがどこまで続くかは分からず、場合によってはトレンドと呼べるほどのものとはならずに早期に転換することも考えておいた方がいい。 それなりのトレンドになるなら空売りで取れるだろうが、短いトレンドとなるなら買い下がりを考えた方がいいのだが、どれだけの長さになるかは今の時点で予想できるものではない。 いや、今の時点でなくてもいつだって予想なんてできないというか当たらない。 だから結局のところいつも言ってる値動きを追いかけながら判断していくしかないということになる。 つまり、ここからある程度下げトレンドが続くことを想定して空売りでのエントリーをしてみようと思っていますが、値動き次第でトレンド転換しそうだと思ったらいつでも空売りは手仕舞いしますよ、ということになる。 何をもってトレンド転換しそうだと判断するかは人それぞれであろうが、私はトレンドラインを主体に判断して、ダウ理論で確定させる。 ただダウ理論が成立するときにはすでにそのトレンドはある程度まで進んでしまっているから実戦的には遅い判断となることがある。 いわゆる頭と尻尾の部分は取れないということである。 なので私はトレンドライン(突破)とダウ理論(成立)の間で判断することにしている。 因みに移動平均線を始めとするインジケータの類は一切使用せずに判断している。 まぁそんなことでこの週末は空売り候補銘柄の発掘に勤しみたいと思います。


株式ランキング
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuku.blog.fc2.com/tb.php/1356-c7bc9bf9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR