Entries

来週どうなる

 CME日経先物の価格からして週明けは窓を空けた大幅下落で寄り付くことは間違いないが、その空いた窓を埋めることができるかどうかで今回の下落(調整)がどの程度のものになりそうかを予想する一つの判断材料となると思っている。 水曜日の時点ですでに窓を空けた下落スタートとなっており、月曜日には二つ目の窓を空けることでスタートする。 仮に月曜日二つ目の窓を即日埋めることができたとしても、一つ目の窓を埋めることはまずできないと思われる。 もし二つ目の窓も埋めることができずに月曜日引けるようだと二つの窓を抱えることになってしまう。 そうなるとこの下落はそこそこ強いものとなることが予想される。 つまり月曜日に空けた窓をすぐに埋めれるかどうかで今後の下落モメンタムをある程度予想することができるように思うのである。 今の時点でこう言っては何だが、月曜日予想される寄付値から250円以上上げないと窓を埋めることはできないことから、即日の窓埋めの可能性は低いように思われる。 話を進めるうえで一応窓を埋めれなかったと仮定してみる。 そうなると恐らく3月、4月の調整局面の時よりモメンタム的にはやや強い目の調整となるように思われる。 そうなった場合、株価的にどのあたりまでの調整となるのかであるが、私は18600円辺りではないかと予想している。 4月の半ばに相場が反転上昇していったとき18600円台~18800円台のところに窓を空けたままになっていることもあるし、3月~4月の調整が1300円幅程の下落だったから、今回はそれよりやや強めの調整だということで1700円幅ほどの調整になるのではないかということである。 あくまで二つ目の窓を埋めることができなかった場合ということであって、即日でなくても翌日なり翌々日までに埋めることができれば、下落のモメンタムがそれほど強くないということでそこまで下げないかもしれない。 まあ以上は窓空けだけを要因に述べた私の勝手な予想である。 したがって上記した株価の下値めどはあてにならないが、下落(調整)はしてもまず暴落はないということだけははっきり言える。 まあ人によって暴落の定義が異なるであろうから、私の下値めどまでの1700円幅下落を暴落だと言われればそれまでだが、普通はこの相場の世界でその程度を暴落だということはないと私は思っている。 その程度を暴落というなら1年に何回か暴落が起こることになる。 あと今回の下落の原因を北朝鮮の挑発によるものだとして、過去に何度も北朝鮮は同じような挑発的なことを言ってきたこともあり、今回も同じであるから相場(株価)はすぐに戻すというようなことを言ってる某有名サイトの記事を見たが、私には???であった。


株式ランキング
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuku.blog.fc2.com/tb.php/1350-e7ee414d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR