やはり保ち合いか

 相変わらずわかりにくい相場であるがどう動くか分からん時は保ち合いと思って対処するしかないのかなと思う。 ということは買いでも売りでも大きな値幅を期待したらあかん、つまり欲を出したらあかんちゅうことになるんやね。 強欲な私にとって一番やりにくい相場つきやということね。 よく相場で利益を上げることができない人の特徴として利小損大、つまりチキン利食いで損切りができないということが言われるが、損小利大を意識しすぎても利益を上げることができないと私は思うのである。 これって私は相場の常識に対して異議を唱えてることになるんですかね? というのも私自身が今までにこの手の失敗を重ねてきた経験から言えることなんですけどね。 あ~もっと早く利食いしておけばよかったと思ったことは数多くあるけど、なんでこんなに早く利食いしてしもたんやと思ったことはほとんどないからなんです。 なのでこれから私はチキン利食いを心掛ければ今までより利益が増えることになるんでしょうな。 でもこれは保ち合い相場の時に言えることであって、トレンド相場の時は通用しないはずです。 トレンド相場の時はあくまで損小利大を目指すべきです。 相場は7割が保ち合いでトレンドが出るのは3割だと言われています。 だから休みなく年中トレードをやっていれば3割しか損小利大が通用せず、7割の保ち合いで失敗するということになって私のように損小利大に異議を唱えるようなことをしてしまうんでしょうな。 まぁゴチャゴチャ言いましたがまとめると保ち合いの時は損小利大を意識しすぎると失敗しますよということになります。
 四季報による業績チェックがなかなか思うように進まない、というのも就活に時間を取られているのが一因でして、ハロワ通いやら履歴書書きやらで結構時間を取られる。 「お~い! だれか仕事くれ~」と叫んでみたところでどうにかなるものでもなく、真面目にハロワ通いするしかないんやろね。 就活に時間を取られるので・・・と言ったがまぁ言い訳に近い。 その気になってやれば就活があってもできる。 う~ん、まだまだ甘いな、真剣に本気になってないということやね。 ということで今からすぐに取り掛かります。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック