今週の戦略

 今週に関しては戦略というほどのものは考えていない。 強いて言うなら様子見が戦略である。 目先は上げそうな感じであるが買いも売りもしない予定で、売買をするなら損切りになるだろう。 そういうわけでこれ以上書くこともないのであるが、これで終わるわけにもいかないだろうから何か書いてみようと思う。

 ここ最近世間を騒がせているニュースと言えば、小出恵介か藤井聡太四段の二人であるが、個人的に小出恵介に関しては全く何の興味もないし、その内容に関しても低次元過ぎるので取り上げない。 ということで必然的に藤井四段の話題になる。 プロになってから公式戦では負け知らずの27連勝中ということで、あと1勝で最多連勝タイ記録となる28勝、もう1勝すれば新記録更新である。 こうなると今の時点ですでにもの凄いことなのだが、もうなんて言い表していいのか分からない状況になってしまう。 まぁどんなプロの世界でも連勝記録を塗り替えるというのは数十年に一度の出来事であるからものすごいことなんだけど、今回のケースはプロになったばかりの、しかも中学生が起こしている快挙だから余計にニュースバリューがある。 藤井四段でなくても将棋や囲碁のプロ棋士というのは普通の人では考えられないくらいの頭の良さがないとなれない。 米長邦雄が言った有名な言葉に「兄貴たちは頭が悪かったからみんな東大に行った」というのがあるが、まさにこの言葉がそのことを物語っている。 普通の人間からすれば勉強で努力しても東大に入るのは至難の業であるが、プロ棋士からすれば恐らく東大に入ることなんて朝飯前ぐらいのことだろうと思う。 東大で思い出したが、息子3人と娘1人の計4人、子供全員を東大理Ⅲ(医学部)に合格させた母親が話題になってテレビ等で見かけたことがある。 私はこの母親の方は会ったこともなければ話したこともないので知らないのだが、父親の方つまりご主人の方は顔と名前は知っていて言葉も交わしたことがある、と言っても昔のことでほんの二言三言のレベルでただそれだけのことなんだが・・・。 話が横に逸れたが藤井四段も今は勢いがあり連勝街道驀進中だがいつかは負ける、連勝記録よりもやはりいつタイトル奪取できるかで真価を問うべきだろう。 タイトルを取るには度重なる高段者との対戦を勝ち抜かなければならないからである。 まぁいずれにしてもこれからが楽しみな人が出てきたものである。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック