反省と修正

 今週のトレードはしっくりこないと言うか、ちぐはぐと言うかなんともスッキリしない1週間だったのですが、自分なりにその原因を考えてみた。 最大の原因はトレードに対する誤った考え方と下手な相場観に基づいた戦略を採ってしまったところにある。 今のトレンドを素直に見ればどう見ても上昇トレンドである。 そして今の私の基本戦略は好業績銘柄の押し目買いである。 ということは余計なことは考えずに素直に押し目を買って行けばいいだけなのだが、先行き下げると見た相場観に囚われたのと、トレンドの端から端まで取りたいという思いで売り目線に傾注したことで売り銘柄を増やして行ったことである。 いつ来るか分からないトレンド転換を恐れて本来は買いで攻めるべきなのを売りで攻めるような形になってしまったのである。 つまり天井を当てに行ったということになってしまうのである。  まぁ言うたら「うまいことやってやろう」と思ってしまったことになるわけである。 思うに上昇トレンドはあくまで買いで攻めるべきであり、トレンドが転換するときの損失についてはトレードの必要経費と考えるべきであり、この必要経費まで払わずに済まそうというのは虫が良すぎると言うかまずできないことだと思うのだ。 このトレンドの転換点で発生する損失をトレードするものにとっては当たり前のことだと割り切って考えることができれば高値圏でのトレードもそれほど怖いものではないという考え方になるのではないだろうか。 損切りさえ徹底していれば一時的なドローダウンは避けられないとしても致命傷にはならないはずである。 ということで今まで自分が如何にトレンドの端から端までの動きを取ろうとしてトレードを考えていたのかが今週の自分の売買でよく分かったように思うので今後は今までの考え方を修正して相場に対峙したい。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック