弱気転換

 3月中旬に固定銘柄の分割売買から多銘柄の単発売買に投資スタイルを転換して以来ずっと今まで強気を通してきた。 3月中旬から4月中旬にかけての下げもあくまで短期トレンドであるとして売りは一切行わず買い下がって行ったのが何よりの証拠。 そんな私であるが昨日の場が引けてから今までの強気から弱気に切り替わった。 弱気になった理由はあれやこれやと総合的に考えてと言うしかない。 世間は昨日の20000円越えで強気になっている人が多いと思われるし、弱気に変わった私でも来週すぐに相場が下げに転じるとは思っていない、むしろ来週はまだ上げる可能性の方が高いと思っている。 しかしここからの上げ余地は大きくないと思っていて、色々考えた結果そのうちにピークを付けて下げに転じるだろうと判断したから、それなら今のうちに気持ちを切り替えておいた方が行動しやすいだろうと思った次第である。 当たらないことを前提に言えば、来週とは言わないが遅くとも今月中にはピークを付けるはずだと思っていて、株価(日経平均)で言えば20500円前後ではないかと思っている。 企業業績から言えば20500円でも決して高くはない水準であることは分かっているつもりであるが、長期的にはともかく短中期の株価動向にとってはあまり関係のないものだと考えている。
 まぁそんな訳で頭というか気持ちが180度転換しているので、監視銘柄のチャートを見てももはや買い目線で見ることができなくて、売り目線でしか見れなくなっている。 無理に買い目線で見ようとすればストレスが溜まりまくる状態になっている。 それで売り目線で見ていたらあれもこれもと売るには面白そうなものが目につく、と言ってもタイミング的に今直ぐというものは少なく、これから先にかけてということであるが・・・。 特にコード番号が4000番台の銘柄に多かったように思う。 というようなことで来週から私は売り目線で相場を見て行くので記事も当然売り目線から見た相場記事になります。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック