今日も買い付け

 昨日書いたように何かいい銘柄はないかと探していたら、ちょうど1ヶ月ほど前に狙っていた3436のSUMCOが目に留まりました。 1か月前に狙っていた際は押すことなくスルスルと上げて行ったので買えなかった経緯がありました。 今はその時よりも株価的には高くなっていますが、「上げ」に対する可能性は今の方が高くなっていると判断したので、今日の押したところを1938円で買い付けて1949円で引けております。 これで保有銘柄は7銘柄になりましたが、1銘柄当たりの売買代金を少なくしていますので、まだ資金的には余裕があります。 でも今はこれ以上買い付けてもいいと思う銘柄が見当たりませんので、来週はたぶん買い付けることはしないと思います。 日経の方は今日も終値では下げていますが、昨日同様横ばいと判断されるべき足ですね。 いよいよ世間はGWに突入しますが、いわば毎週がGWの私には普段とあまり変わりのないこととなります。 やっぱサラリーマンでないとGWの喜びは味わえないよね、ああ、サラリーマンになりたい。

 以前にも記事に書いたヤマト運輸だが、私が主張していた通り値上げに踏み切るようだ。 それで良いというかそれが正解である。 アマゾンが値上げに応じなければ取引を解消したらいいだけの話である。 仮に取引解消になったら取扱個数は大幅に減少するが、中長期的に業績にはほとんど影響がないと推測する。 いや、むしろ採算は良くなるんじゃないかと思う。 しかし取引解消とはならないだろう、解消となればアマゾンはヤマト以外の宅配業者を探さないといけなくなるが、アマゾンを今の手数料(運賃)で引き受ける業者なんていないからだ。 いや今より高い手数料でも引き受け手はいない。 となるとアマゾンはヤマトの提示する運賃をのまざるを得ないはずである。 そうするとアマゾンは値上げされた分を商品価格に転嫁するか、消費者に負担させるか、自分の利益を削ることに甘んじるかのどれかになるだろう。 経営努力というかコスト削減によって値上げ分を吸収するという手もないとは言い切れないが、外資系の企業だから合理化なりコストカットは既にやりつくしている感があるから難しいように思う。 となるとやはり商品価格に転嫁か消費者に送料の一部を負担させるかのどちらかになるのではないかと思うが、私はそれでも受益者負担の原則からすれば仕方ないと思っている。 でも一番は今まで通り送料ゼロのままがいいよね、その分アマゾンの利益が減るだろうが赤字になるわけじゃないだろうからそのくらい我慢しなよ、今までさんざん儲けてきたんだから、って言いたいよね。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック