Entries

民事再生法

 ついにというかやっとというか森友学園が本日大阪地裁に民事再生法の申請をした。 このブログでも数週間前にこの件については言及していたから、私としては驚くに値しない既定路線である。 まぁその時は清算型の破産になるであろうと書いたが、実際は再建型の民事再生となった。 籠池一族としては学校法人を何としてでも存続させ、自分たちは経営権を手放したくないとの思いから会社更生ではなく民事再生を選択したのだろうが、再生案が認可されるかどうかは債権者による投票によって決まるので、もし投票の結果認可が認められなければ破産手続きに進むものとみられる。 そうなれば森友学園は消滅し、籠池一族は経営から手を引かざるを得ないことになる。 再生計画案が認可されるかどうかは債権者集会の投票で決まると言ったが、選挙のように債権者1人につき1票ではなく、債権額に応じて議決権が与えられる。 森友学園がどれだけの金額の負債を抱え、何先の債権者が存在しているのか詳しくは分からないが、この事件の報道等から推測するに圧倒的に学校の工事を請け負った建設会社の債権が大きいと思われる。 つまりはこの建設会社が過半数以上の議決権を有していると思われることから、再生計画案が可決されるか否決されるかはこの建設会社次第ということになる。 再生計画案を認めて学校法人を存続させて計画案通りの債権額の回収を図るか、それとも将来的にこの法人の経営に疑念を抱いて再生計画案を否決して破産に持ち込み、今現在の資産の中から回収を図るのかを建設会社が判断することになるのである。 普通に考えれば、これだけ世間を騒がせた学校法人の運営する保育園や幼稚園に自分の子供を預けようとする人たちがそれほどいるとは思えないから、今後の法人運営は厳しいものとなり、再生計画案通りの返済が行われるとは考え難いと思うのであるが・・・。

 ここからは相場のお話です。 今日は1銘柄を買い付けました。 先日までは次に買い付けるのは日経が18000円に迫ったときとお伝えしておりましたが、昨日の場が引けた時点で今回の調整が収束し、下げトレンドから脱却する可能性が出てきたと判断しておりました。 なので今日の安いところはどうにかして買い付けておきたいとの思いで3銘柄ほどの値動きを注視しておりました。 注視していた3銘柄のうちどうにかこうにか買えたのが6479のミネベアミツミで、あとの2銘柄は思うように下げて来ずでした。 約定値は1509円で引け値は1517円とほとんど買値で終えましたが、買えなかった2銘柄は上にぶっ飛んだまま引けておりました。 やっぱ強い銘柄はなかなか買うチャンスを与えてくれませんね。 さて今日の引け足で下降トレンドからの脱却はほぼ確定かなという気はしますが、仮にそうだとしても高い確率で今後もう一度下へ突っ込んでくると思われます。 その時は当然買い付けるチャンスだと思いますので狙っていきますが、狙うのは全体(日経)が突っ込んでも(下げても)さほど下げてない銘柄ということになりますね。 どんな銘柄が強い、下げないかと言えば、当然好業績銘柄ということになります。 業績を意識してトレードするの何年振りやろ? 20年近くが経つことだけは間違いないわ。 業績を重視してた時はチャートリーディングができてなかったし、多少チャートが分かるようになった時は業績を全く無視したトレードだったし、今回生まれて初めてまともなトレードをやるようになったように思うが、これで勝てるかと言えばそんな生易しいものではないことは分かっているつもりである。 いくら木を見る目ができても森がどうなっているかが把握できないと絶対に勝てないからね。


株式ランキング
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuku.blog.fc2.com/tb.php/1239-56a2d3e9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する