今週の戦略

 週末は九州の実家へボケかかった親父の顔を見に帰省しておりましたので、昨日は記事の更新ができませんでした。 ボケが進んでくると同じ話を帰る度に聞かされたり(まぁうちの親父はボケかかる前からこの傾向がありましたが)、分かり切ったことを聞かれて返事するのも邪魔臭いというストレス溜まりまくり状態で過ごすことになります。 今月から仕事をしていないので別に急いで関西へ戻ってくる必要もないのですが、実家に3日も4日もいるというのは拷問以外の何物でもないのでいつものように1泊だけして帰ってきた次第です。

 本題の今週の戦略ということになるのですが、先日書いたように18300円台に突っ込むまでは買いは見送りとします。 仮に18300円台に突っ込んだとしてそこで必ず買い付けるかといえばそうとは限らないつもりです。 というのも18300円が一般的には節目として意識されるところではないためそこで下げ止まる可能性は低いと思っているからです。 18500円と18000円はそこそこの人が意識している節目かと思いますが、18300円と言ってる人は私以外に知りませんからね。 しかし仮に18000円まで突っ込むなら現在保有している買い玉はすべて損切りの憂き目にあいそうですな。 でもなぁ、他の国が下げてない中で日経だけがそこまで下げるのかというとそうは思えないんだけどなぁ、いや、世界同時株安の状況になれば全然あり得るけど、今度はそんな状況に世界がなったら日経が18000円で下げ止まるとは到底思えないんだけど・・・。 今でさえ個別株はオシレーター系の指標が売られ過ぎの状況を呈しているものがそこそこあるのに、18000円を割り込むような事態になったらどうなるんだ? まっ、そんなこんなでとにかく今週は損切りはしても買い付けはどうかなと言った感じの基本様子見の週となりそうです。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック