世界を見渡せば

 日経は今日反落となり昨日配当落ちを埋めた分は帳消しとなった。 今年になってからずっと保ち合いが続いており、いい加減に上げろよと言いたくなるが無理もない。 だって今年に入って上がってないのは世界広しといえど日本だけなんだから。 ヨーロッパの各国なんて今年になってからずっと上げっぱなしだし、今月は下げているアメリカ、ロシア、ブラジルにしたって2月までは上げていたんだし、とにかく日本以外の国はすべて上げてきたんだよ、なんで日本だけが上げないんだ? どうなってるんだ? こう言うと「いや、為替が・・・、ドル円が・・・」と言い訳をする人がいるが、「そう言うんだったらドル建て日経平均を見てみろよ、やはり上げてねえじゃねえか」と私は言いたいのである。 日本固有の要因でそうなっているのか? 日本経済が悪いのか? いやいや、そんなことはない、在庫指数、出荷指数、生産指数をはじめ経済指標は概ね良好であるし、銀行貸し出し伸び率、マネーストック伸び率も高い水準にあり、マネーフローの面においても悪い点は見受けられない。 だったらなんなんだよ? 誰が悪いんだよ? えっ、誰が悪いかって? じゃあ特別に教えてあげよう、悪いのは、蓮舫、辻元清美、玉木雄一郎、福島瑞穂、小池晃ということに私の中ではなっていて、この5人が政界から消えてくれれば日本は必ず良くなると信じて疑わないのである。 そしてその時は日経平均が3万円を超えるのは間違いないと思っている。 以上独断と偏見に満ちた私の相場観でした。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック