イメージ通り

 今日の日経は大幅反発となり、これで目先の短期的な暴落はなくなったと考えている。 暴落はないと思うが1月18日の安値付近までの急落は可能性として残されていると考えるものである。 そんな中で今日のトレードは指値にヒットするはずもなく、6営業日ぶりのノートレとなりました。 しかし昨日MUFGの売り玉を決済していてよかったと思う。 この先まだ下値があるかもしれないが、仮にそうだとしても昨日決済し損なっていて今日の反発の足を見れば精神的なダメージを受けることになり、メンタル面で今後のトレードに影響を及ぼすことになると思われるからである。 今までそういう経験を何度もしてきたのでメンタル面で悪影響の出ないトレードをこれからも心掛けたいと思う。 さて、今日の反発で私の保有銘柄もすべてが値上がりとなりましたが、買値を上回っているのは離陸寸前であると書いた日本碍子(5333)1銘柄のみで、あとはみな買値を下回ったままである。 こうしてみるとやはり買うなら強い銘柄を買わないことにはパフォーマンスは望めないということになってくるんだろうと思う。 強い銘柄というのはハッキリ押し目と分かるような押し目はないのが普通であるから買いずらいものであるが、そこを果敢に買うことができるかどうかで結果は全然違ったものになってくるんだと思う。 週末は銘柄分析にできる限りの時間を費やしたいと思う。 今週もお疲れさまでした。


株式ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック