通勤電車雑景

 今日の帰りの電車内での光景の話。 先に言っておきますが実に下らん話です。 私が座った向かいのシートに20代の女性2人組が座ろうとするも飛び飛びにしか座席が空いておらず、どう座ったものかと2人で喋っていたら、気を利かせた女性が一つ席をずらしてくれて2人分の並んだ空席ができたのだが、席をずらしてくれた女性に一言謝意の言葉を発するでもなく普通に座っておしゃべりを始めた。 そのあとにその女性2人組の前に立った50代後半と思しき男性がいたのだが、この男性じっと前を向いて立つことなく、後ろ側を見たり何かとあちこちと見て落ち着かない様子だった。 その後2人組の女性のうちの1人が下車してその空いた席に先ほどの男性が座った。 そしてカバンから本を取り出して読み始めたのだが、数十秒おきに隣の女性の手元を見るのである。 その女性は先ほど連れの女性と別れてからはずっとスマホをいじっていたのだが、隣に座った男性はそのスマホをいじっているのをじっと見ているのである。 1回に見ている時間は10秒もない数秒程なのだがそれを数十秒ごとに繰り返しているのである。 他人事ながらそんなにチラチラ気にして見てたら読んでる本の内容が頭に入ってこないだろうに・・・、本を読むなら読むでもっと集中して読めよ、と思ってしまった。 還暦近いようないい歳をしたおっさんが若い女の子のスマホいじりをのぞき込むなんて悪い趣味はやめた方がいい、みっともないったらありゃしない。 人がスマホいじっているのがなんでそんなに気になるかね? はっは~ん、さてはおっさん近々スマホデビューしようとしてるんじゃね? そんでどうやって使うかをのぞき見しようとしてたんじゃないのかな。 おっさんさぁー、スマホの使い方ぐらいのぞき見しなくったって使ってるうちに覚えるさ。 もっとどっしりと構えていなさい、いい歳して落ち着きのない男ほどみっともないものはないんだよ。 とまぁそんな光景をずっと見ていてその落ち着きのないおっさんが気になって仕方なかったのも確かだが、私にはもう一つ気になって仕方がないことがあったのである。 何かというとそのスマホをずっといじっていた女性の座り方である。 どんな座り方をしていたかというと両膝をパッカ~ンと開けた状態でずっと座っていたのである。 長い目のスカートをはいていたからパンティーが見えるなんてことはなかったけどあれは女性の座り方ではないわ、やっぱ女性は両膝をくっつけて座らないと・・・。 思うにあの座り方は今日だけじゃなくていつもあの座り方をしているね、うん間違いない。 あれは誰か注意してあげないとあの子は結婚できないよ、だってあの座り方はさも私はお股の緩い女ですと言ってるようなもんだもの。 そして見た目も緩そうな顔してたもんな。 うん? ひょっとして落ち着きのないおっさん、スマホいじってるのを見てたんじゃなくて膝の間から股間を想像してたんじゃないのかと思えてきた。 だって女の子の降りた駅でそのおっさんも後に続いて降りて行ったもんな。 でホームを歩きながらでもその子をチラチラ見てたもんな。 俺の考えすぎだろうか?


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック