緊張感に欠ける国内政治

 今日は相場については何も書くことがありませんので別ネタで行きます。 日米首脳会談を間近に控えて安倍総理はかなりのプレッシャーを感じているだろうが、今はこれくらいしか緊張感をもって対処しなければならない事がないように見受けられる。 というのも最大野党である民進党があの体たらくなので、なんでも通しの状態にあると言っても過言ではないと思うからである。 どこの国籍かもいまだにはっきりしない品性に欠けるKYの目立ちたがりやのバカ女を党首に担いだ政党であるからこうなるのも当然と言えば当然であるが・・・。 今の私の気持ちを俳句で表すと「あぁ早く、消えてしまえよ、民進党」となるが、この句には季語がないので夏井先生的には「才能なし」の評価となる。 いやもう俳句の出来なんかどうでも良いから、とにかく一刻も早く民進党が解党に進むことを願っている。 話は変わって共産党だが街頭演説の際にチラシを配っている人ってどうしてあんなに年老いたじいさんやばあさんばかりなの? 人件費の節約? 支持者に若い人がいないから? う~ん、理由はどうでも良いけどあれじゃあチラシを受け取ろうという気にならない、受け取るとこっちの元気を吸い取られそうで・・・。 まぁ私もじいさんの部類なんだけどね、でも地下鉄の淀屋橋駅の1番出口のエスカレーターの左側を駆け上がって淀屋橋を渡り、大阪市役所のところで共産党のチラシを配っているじいさんに目の前にチラシを出されても私の電磁バリアでじいさんの手を引っ込めさせるくらいの気迫はまだある。 なんか話が支離滅裂になってきたので話がまとまっていないがこの辺で止めにしよう。 明日は相場のこと書けるくらいの動きがあるかな?


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック