一之宮初詣

 毎月一回参拝している地元一之宮に今日今年初めて参拝してきました。 1月は20日過ぎまで参拝客が多いのでいつもは1月下旬に参拝するのですが、今年は先週が娘の結婚式だったために参拝できず今日になった次第です。 2月に入っていることもあり参拝客は少ないだろうと思っていたのですが、今日そこの神社は何か行事があったみたいで人出が多く駐車場も結構いっぱいでした。 人出の割には参拝する本殿前は空いていて良かったのですが、参拝後に御札(神札)を買おうと売っているところへ行くと前に数人の人が並んでいました。 後ろで順番を待つべく様子をうかがっていたのですが、一向に捗る気配がないのでなんでだろうと思って見ているとおばはんがあーでもない、こーでもないみたいな感じで御札かお守りか知らんが選んでいた。 私はこういうのを見るとイライラしてきて「早よせんかい!」と言いたくなるのだが、どこぞの大統領のような大人げない真似をするわけにもいかず、今日は御札は買わずに帰ってきました。 いつもの土曜日なら出ない露店が今日は行事があったためいくつかの店が営業していた。 そのなかで「たこやき」の看板を掲げていた店があったのだが、中に入れる具材をお客さんに見えるように前に並べて焼いていた。 でよく見てみると「たこ」ではなく「いか」が並べられていたのである。 私の見間違いなのか? いやいやあれはどう見てもイカだろ、いや、イカに似たタコかもしれんな、いや、やっぱりイカだろ、てなことを思いながら通り過ぎたのだが、そんなに気になるなら買って自分で食べてみれば結論が出るのにとあとで思った。 それか買わずともおばちゃんに、「これイカやんな、タコちゃうやろ?」と聞いてみてもよかったわけである。 しかし聞いたところでおばちゃんに、「あんたうちに何聞いてんねん、タコに決まってるやろ、うちはタコ焼き屋なんやさかい」と言われるのが落ちであろう。 つまりたこ焼き屋がイカをタコと言えばイカがタコになるのである、いいじゃないかそれで世の中がうまく回れば。 そう、イカもタコも似たような味で同じ食感なんだからどっちでもいいよ、細かいことは言うまい。 ということでたこ焼き屋を後にした私はタコ焼きを買わなかった代わりに、お肉屋さんが出張して参道でやってる揚げたてコロッケを買って車の中で食べました。 でそのあといつもの80ばあさんがやってる何でも屋(主に野菜と果物だが今の時期は甘酒も売ってる)を覗いてみると、この時期にもかかわらず私の好きな柿が売っていたので買おうかとも思いましたが、見た目も値段も魅力がなかったのでやめておきました。 その次に老舗の酒屋の前を通ると普段は売っていない「あられ」が大きな袋に入って売られていたので買おうかとも思いましたが、それほど好きでもないあられを誰がこんだけ食うねんと自分で突っ込みを入れてその場を離れました。 ということで今年初めての一之宮参拝をしたのですが、御札を買うという最大の目的が果たせなかったので来月になるのを待たずしてもう一度今月中に参拝するつもりである。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック