今週の戦略

 今週については上にしか見ていないのであるが、建玉操作をどうするかとなると悩ましいところもある。 シンプルにやるなら5日線を明確に割り込むまで買い玉はホールドしたまま着いて行き、完全に割り込むまで決済しないというやり方になる。 次にシンプルなのは800円前後では一旦調整に入ると決め打ちし、800円の手前から買い玉を売り上がっていくやり方となるが、さらに積極的に行くなら売り玉も新規立てするというやり方になる。 但し800円で上げ止まらなかったら売り玉が踏まれてしまうという憂き目にあう。 3番目のやり方としては、ここから買い増しするというものである。 へっ、今からこんな高いところで買い増しするの? と思われるかもしれないが、ここまで高くなったんならまだもっと高くなるよということである。 ということでここからのやり方としては以上の3つのどれかになろうかと思うのである。 と言っても3つのうちのどれかを必ず選択するということではなく、3つのやり方を融合させるというやり方を今考えている。

 それにしてもこのトランプ相場というのかトランプラリーというのか呼称はどうでもいいが、相場の実態はすごいとしか言いようがないほどである。 今はただ期待感だけで買われているに過ぎないというのはよく聞かれるフレーズだが、根拠のない期待感だけでここまで強い相場を示現できるのかと私は思うのである。 現在の時点でこの上昇局面を悲観的な理由付けで疑問視する声は多く聞くが、楽観的な理由付けした声はあまり聞かれないように思う。 つまり今の上昇はこういう理由でおかしいのではとはよく言われるが、こういう理由で正しいとは言われていないのである。 すなわち今は声の上がっている方とは逆に相場は動いているということである。 私はこの今の状況が続く限り相場は上げて行くように思っていて、声の大きさが逆転してから相場の転換点が訪れるように思うのである。 尚、声の大きさに関しては現時点で私が感じていることを表したものであり、人によっては感じ方も違うので記事に違和感を持たれる方もおられると思うが・・・。 ということでまだしばらくは強い相場展開が続くことを予想する次第である。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック