FOMC待ち

 今日は今晩のFOMCの結果を見定めるということで膠着した動きとなったことは否めない。 しかし今回のFOMCは利上げをほぼ100%近く織り込んでいることからもし利上げがなければサプライズで大きな動きになるだろうが、想定通り利上げがされた場合株価はどういう動きをするだろうか。 理屈で考えれば想定通りなら少なくとも大きな動きにはならないはずである。 なんせ100%に近い織り込み様と言われているぐらいだからね。 では上げるのか下げるのかと言うと、100%近く織り込む過程で今までのトレンドは上げだったわけだから、当然そのトレンドが継続すると考えるのが理屈の上では正しいということになる。 だがここで考えておかなければならないのは俗に言う織り込み済みというやつであるが、私にはこの理屈がさっぱり理解できない。 織り込んできた想定と結果が違った場合には織り込み過程での動きと逆の動きになるのは分かるが、一致してなんで逆の動きになるのかね。 一致しなくても一致しても逆の動きになるのなら、結果が出る前にポジションを手じまうのが得策ということになるが・・・。 まぁこれがいつも織り込み済みで逆行するのならそうすればいいが、素直に反応する場合もあるから難しい。 その違いは何なのかを考えても100%正しい答えなんてないと思うが、一つには織り込み度合いの違いにあるように思える。 今回のように100%近くまで織り込んでいると言われている場合は、結果が出れば逆に動く可能性の方が高いと考えておいた方が良いような気がするも分からない。 


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック