今年になってからの売買譜

 先ずは昨日の解答から、正解?は「指値の買い注文を入れておく」でした。こんな長ったらしい答え解るかよ!しかも漢字混じりだし!皆様のお怒りはご尤もでございます。誠に申し訳ございませんでした。一応こう考えた理由を以下に記しますのでお許しくださいませ。

 昨日の終値が637円だったので、今日の寄付はその辺りから始まる可能性が高いとなると、昨日の買値である640円とさほど変わらないことになる。それでは今日の寄付で買い注文を入れても面白くないというか、分割するメリットが生きてこない。かと言って注文を入れないでおくと、そこそこ下げた時に買うことができない。

 MUFGのここ最近(秋以降)の調整局面では、陰線新値が5本程度で一旦底を打って上昇していることから、630円台は底でなかったとしても底値圏であろう、ならここから下げても知れているだろうと判断した。であれば、株価がある程度下がった場合は、拾っておいた方がいいだろうと思った。以上の思いを叶えることができる手法として指値注文を選択した次第である。

 で今日は指値まで下げることなく引けたので約定せず、ポジは0-6のままである。ここで今年に入ってからの売買譜をあげると、

1/7  681円  1-  0-8
1/16 682円  1-  0-7
1/17 676円  2-  0-5
1/27 640円  -1  0-6

以上となる。因みに買い玉(6単位)の平均単価は634円であるが、私は平均単価はほとんど気にしていない。波動に合わせて安くなれば買い、高くなれば売る、ただそれだけである。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック