今週の戦略

 今までだったらこのタイトルの場合書くことは売り上がりの買い下がりと決まっていたが今後はそうとも限らない。 つまり売り下がりや買い上がりもあり得るということである。 と言ってもトレンドフォロー派に転向したわけではない。 ポジション調整を最優先させようとすればそういう売買も必要になってくるということである。 現在のポジションは2-1でポジション差は1だからまだいいが、最大ポジション差は3までとしているから傾けたポジションと逆行していった場合は4にはできないので建玉するなら順張りでの玉を建てることになる。 これはポジション差が2の場合でも同じ考え方をするなら次の建玉は順張りということになり得るのである。 ポジション差を3まで広げるというのは、株価がここで反転逆行するという自信がないとできないことになる。 このルールを守っている限りはそうそう大損はしないはずである。 半面大勝もないということであるが。

 では具体的に今週はどう動くか、つまりどういったポジション操作をするのかであるが、その前に現在のポジションを確認しておくと、売りが620円、666円で、買いが662.8円である。 そして金曜日の終値が662.2円となっている。 まず下げた場合、比較的早い段階で買い玉を建てて2-2のポジションにする。 そこからさらに下げれば売り玉を決済して1-2のポジションにする。 ここまでが第1弾の操作となる。 ここからさらに下げるようなら続けて買い玉を建てポジションを1-3とする予定だが、1回目の買い建て値との値幅は広げるつもりである。 今週は4日営業週なのでここまでで事足りると思う。 次に上げた場合を考えてみる。 700円という厚い壁があるから700円前後では反落すると思っているので上げても700円までは基本様子見である。 もし700円を超えてくるならその時は売りではなく、買い建ててポジションを2-2とする。 まぁ内心では700円は超えてくる可能性は低いだろうと思っているのだが相場のことなので実際どうなるかは分からない。 700円を超えて売りではなく買いとするのは厚い壁の700円を突破するということは相当強いということであるから、上値はまだまだあるという判断で買いとするものである。 買い建てたのち更に上げるなら次こそは売りであるが、まぁそこまで上げることはないだろう。 以上が今週の戦略となるが700円を超えることはないと同時に600円を割り込むこともないと考えている。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック