FC2ブログ

Entries

想定通りの展開だが

 今日は4ヶ月に1回の眼科を受診するするため仕事を休んだので早目に更新しておきます。 相場の方は想定通り下降トレンドが継続しております。 21日の日銀政策発表で銀行株がバカ上げしましたが、当日の記事でも指摘したようにあんな政策でなんで銀行株(メガバンク)があそこまで買われるのか意味不明でしたが、やはり早くもスタート地点に舞い戻ってきました。 あの時銀行株が上げた理由は2つ、1つはマイナス金利の深掘りが懸念されていたが結果無かった、もう1つは日銀ETF買いを日経225連動型からTOPIX連動型に比重を移すというものであった。 マイナス金利深掘りの方はまだ理由としては分かるが、ETF買いの方は比率を多少変えただけであるし、そもそもメガバンクは日経225型にも組み込まれているわけだから、買い入れ総額を変えずに比率を変えただけではその差は知れたものだろうと思うのだが・・・。 まぁ理由なんかどうでも株価さえ動けばいいという相場の世界特有の考え方なのだろう。 私もおかげで買い玉を利食い出来たのでこれ以上ケチをつけるのはやめておこう。 今相場は日銀のETF買いを考慮して下に行きにくい、つまり下げれば日銀が買い支えてくれるというのが市場のコンセンサスになっているが、私はこのような考え方には一切与していない。 理由はあえて言うほどのことでもないから言わないが。

 今世間で騒ぎになっている病院での殺人事件であるが、こんな事件の犯人が捕まるのは時間の問題だろう。 証拠なり証言が出てくるかどうかにかかるが、こんな限られた範囲の事件で犯人が分からないなんてことはあり得ない。 恐らく警察はすでにある程度の目星は付けているはずである。 推測で申し訳ないが私だけでなくほとんどの人は看護師の誰かが犯人であると思っていると思う。 私は98%看護師の誰かが犯人だと思っている。 あとの2%は看護師以外の人間となるが、100%病院関係者であることは間違いないだろう。 病院関係者の中でも既に犯人と思われる人物は特定されつつあるのではないかと思う。 普通に考えたら病院外部の人間が犯人である可能性は考えられないが、1%ぐらいは可能性があると思った方がいいかもしれない。 というのも私自身銀行勤務時代にそのような経験をしたことがあるからである。 詳しくは書かないがこんなことがあったのである。 ある日現金勘定を締めてみたら200万円が足らないことが判明した。 当然その時点で原因を探すべく現金を全て数え直したり伝票をチェックしたりしたのだが出てこない。 200万円を数え間違えて支払うわけはないから普通に考えれば銀行内部の誰かが盗ったのではないかということになる。 翌日は日曜日で休みだったが関係のある人間は支店で1日中探し回ったがやはり出てこない。 となると月曜日には本店の検査部の人間がやってきて色々と調査みたいなことをし出すし、警察も来て支店全行員の指紋採取をされたりもした。 あっ、言っとくけど私はその時は渉外、平たく言うと外回りの仕事だったので一応無関係になるのだが、それでも指紋は取られた。 その時現金を扱っていたテラー(窓口)の女子行員二人なんかは警察まで行って事情聴取されたりもしたから精神的にかなりきつかったと思う。 普通ならこの辺で誰が200万を盗ったのだろうという邪推が働くのだろうが、この時は私には内部にそのような人間がいるとは思えなかった。 恐らく今の私なら邪推しまくると思うけど、この時の私はまだ世間ずれしてなかったんだろうね。 でこの事件の結末はどうなったかと言うと、結論としては行員の誰かが200万円を盗ったということはなくて、ある行員(テラーの女子行員ではない)のミスである取引先が200万円を得した、つまり200万円多く入金されたということになったのである。(200万円もなんで間違うんだ?と思われるかもしれないが、その時はそういう状況にあったということです。) ただ証拠がなく、銀行としてはその取引先に正面切って「返せ」と言えないから、銀行としても入金金額の確認を幾度か求めたのだが、最後は逆切れされてそれ以上は言えなかった。 まぁこのことと今回の病院の事件を同じ様に考えることはできないが、真実は思いもよらぬところにある可能性があるということを言いたかったわけである。 今回の事件は警察がもたつくようならコナン君に解決してもらったらいいんじゃないかな。


株式 ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://amuku.blog.fc2.com/tb.php/1079-cadf2a0b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR