もうほんとに

 書くことないし書く気も起こらない。 いや正確には書く気が起こらないから書くことがないように思えるだけである。 書く気が起こらない原因の一つは、この齢になって仕事から帰って来てから何かをするというのはしんどいということがある。 仕事中も午後3時を回れば頭が回らなくなってくる。 今日も3時半過ぎに架かってきた電話を取ると、やや興奮した口調でこちらに尋ねてきたのだが、私の守備範囲外の内容だったのでよく分からなかったのと、頭がいささか回らなかったので担当の係に電話を振って凌いだ。 頭が回っているときだったらもう少しは粘って応対できたと思うが・・・。 まぁしかしこちらも頭が回っていなかったということもあるが、電話を架けてきた方ももうちょっと分かり易く話してくれたらと思うが、それは無理にしてもせめてこちらの言うことをちゃんと聞いてくれたらいいのだが、「私ではお答えできかねますので担当の係に変わらせていただきます」とこちらが言ってるにも拘わらずになおも重ねて訊いてくる。 日本語の通じない相手と話すのは疲れるわ。 これくらいで根を上げてたらとてもじゃないがコールセンター勤務は務まらないね、まっ私はそんなところで働く気はさらさらないが。 日本語の通じない相手と電話で応対するのも大変なのだが、明日は簡単な漢字も書けないレベルの人間を対面で相手しなければならない。 提出してもらう書類に職業欄があってそこに記入してもらわないといけないのだがちょくちょく抜かしている人がいる。 それでこちらが記入してくださいと言うと、「無職」という漢字が書けない、わからないと言う。 まぁ「無職」という漢字は確かに画数も多いからしゃあないか(いやいや、しゃあなくないだろ)と思ったが、「公務員」の漢字が分かりませんと言われたときは・・・。 このように「漢字が分からないんですけど・・・」と言われたときは教えるのも面倒なので「ひらがなで結構です」と答えることにしている。 まぁこの仕事の時は昼一だからまだいいが、これが私の頭が回らなくなる3時以降だったらどんなことになるのか? 私はその場を仕切れる自信がない。 ということで回ってない頭で今日の記事も書きました。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック